– あたらしいコーヒーの扉を開こう –

コロナウィルスによる閉塞感や人と人との距離の取り方など、今までの生活では考えつかなかった事が起こりました。

にがい経験は、私たちに不安な気持ち「いつ・また」と思わせます。
けっして、以前のような日常を取り戻せるかどうかはわかりません。
しかし、そんな生活の中でも、せめて心の扉だけでも外に向けて開いていたいと思う。

家族・友人・親しい人とつながるきっかけにコーヒーはとても大切な役割を果たします。
立ち上る香りの中、楽しい会話のひととき。
みなさんの生活に少しでも、コーヒーが、やさしくあなたの心の扉を開きますように。

「にしのみやコーヒーの扉プロジェクト」は西宮であたらしいスペシャルティコーヒーの文化を定着しようと結成しました。

NEWS

西宮のコーヒー店をめぐるスタンプラリー継続中。

今回はスタンプラリーで西宮市内のコーヒー店を巡っていただき、コーヒーに親しむきっかけづくりになればと思います。実施期間は4月7日(水)〜6月20日(日)です。スマートフォンを使ったwebベースのスタンプラリーを行います。 …

西宮の「コーヒー屋さん」

西宮には素敵なコーヒー屋さんがたくさんあります。

自家焙煎のお店も多く、街のいたるところからコーヒーのいい香りが漂います。

また、コーヒーを飲みながら、ゆっくりと時間を愉しめるお店、お客様が多いように感じます。

COFFEE GATE NISHINOMIYAでは、数ある西宮のコーヒー屋さんと一緒に、コーヒーを通して西宮の魅力を発見、体感して頂けるような活動をして参ります。

西宮 × コーヒー

西宮は素晴らしい歴史をもった市です。

日本酒の歴史のスタートは、室町時代にもさかのぼると聞きます。

そして、素晴らしい歴史の立役者である酒造会社は、いまでも産業として西宮を支えています。

そして住みやすさという面では関西随一の場所でもある西宮。

新西宮を中心にある幾つかのヨットハーバー、ウインドサーフィンとウエイクボードを楽しむ事ができるマリンスポーツプレイス。

武庫川沿いを中心として様々な場所で楽しむ事ができるサイクルロード。

阪神甲子園球場でのスポーツ観戦、芸術文化センターなどの大型施設、阪急西宮ガーデンズやららぽーと甲子園といったショッピングスポットなど、楽しむスポットを数えだしたらきりがありません。

そして西宮には多くのコーヒー関係ショップがオープンするようになってきました。

過ごしやすく、たたずみやすい環境にコーヒーがあったら、更にその価値を上げる事ができるのではないか?自然にそう考えるようになりました。

前述したように、西宮には日本酒という大きな産業と、その商品が存在します。

その素晴らしい歴史の産業に加え、新しい歴史の産物を生み出しても良いのではないかと思っています。

世代を問わず、だれでも気軽に手にする事ができるコーヒーを、家族や友人、人と人との結びつきを強くするアイテムとして楽しむ事ができたり、西宮発の色々なカラーの店舗のコーヒー豆が新しい西宮の産物として定着させる事ができれば、と夢は大きく膨らんでいきます。

ベイエリアのヨットハーバーを眺めながら、時間を忘れて楽しむ事ができるコーヒーショップエリア。スイーツやパンなどとのコラボレーション、それに限らず、アートやスポーツ施設、趣味の世界とのコラボレーションを行ったコーヒーショップが連なるコーヒーストリートなど、コーヒーを中心とした街作りができるのはないかと夢を膨らませてしまいます。

今年に入ってからの新型コロナの影響による新しい生活様式への対応に於いても、コーヒーは大きな価値観を示したと思っています。

これからの新しい生活スタイルに不安を覚えている人も多い中、少しでもその気持ちを和らげるアイテムとして、むしろ、これまでよりも人と人との結びつきを強める為に、コーヒーへの需要が高まり、その価値感が高まる事を願っています。

にしのみやコーヒーの扉プロジェクト